YouTubeの動画をカーナビで見る方法~配線加工必要なし

スポンサーリンク

今回はYouTubeの動画をDVDに焼いて、カーナビで見る方法を紹介します。

普通動画を再生しているときは、車が動いていると音声だけで画像は表示されません!

なので走行中に動画を見ようと思ったら、配線を加工する必要があります。

しかし今回の方法は配線の加工なしで、走行中も動画を見ることが可能になっています。

HONDAモビリオの純正ナビでは、走行中に配線加工なしで動画を見ることができましたが、すべてのカーナビがそうなのか分かりませんのであしからず・・・

スポンサーリンク

Video procとDVD Flick v2をダウンロード

まずDVDの編集ができるパソコンがあることが前提です。

スーパーマルチドライブならまず大丈夫でしょう。

YouTubeの動画をダウンロードするソフトと、ダウンロードした動画をDVDに焼くソフトをダウンロードします。

僕が使用しているのはVideo procという動画編集ソフトです。

無料でいろんな機能が使えるので便利です。

【公式】VideoProc無料版をダウンロード|VideoProcを無料版ではじめる
VideoProc Converter(旧名:VideoProc)は、誰でも簡単にプロ級動画が作れる多機能動画処理ソフトです。VideoProc Converter無料版のダウンロードはこちらから。高画質高性能動画処理ソフトVideoProc Converterの無料版を今すぐお試しください!

DVD Flick v2はパソコンに取り込んだ動画をDVDに焼くソフトです。

ケーテック・ブックマーク ~ みんなのためのリンク集
宮崎県高千穂町のケーテックがお薦めするリンク集です。

この二つをダウンロードします。

YouTubeの動画をパソコンにダウンロード

YouTubeからダウンロードしたい動画を検索します。

ここではXJapansilentjealousyを例にやり方を紹介します。

URLを右クリックしてコピーします。

ダウンロードしたVideo procを開き、ダウンロードをクリックします。

すると画面が変わるので、上の項目のビデオ追加をクリックします。

URL貼付け&分析の下にYouTubeからコピーしたURLを貼り付けます。

すでに違うURLが貼り付けられている場合は、削除してから貼り付けます。

URLを貼り付けたら右側の分析をクリックすると、解像度、拡張子などの一覧が表示されるので、希望の解像度を選択して選ばれた動画をダウンロードするをクリックします。

今回は一番画質のいいサイズ:157.62ⅯBを選択しました。

画面が下のようになるので、右下のDownload nowをクリックするとダウンロードを開始します。

ダウンロードが終わったら、赤い四角のところをクリックすると、先ほどダウンロードしたsilent jealousyが保存されています。

ちなみにこの画面を出すには、エクスプローラーから ユーザー> CAKE > ビデオ > Video proc で出てきます。

ダウンロードした動画をDVDに焼く

ではダウンロードした曲をDVDに焼いていきます。

DVD Flick v2を開きます。

上の項目からプロジェクト設定をクリックすると各項目が表示されるので、プロジェクトをディスクに書き込むRWディスクを自動的に消去する書き込み完了後にディスクをベリファイするにチェックを入れます。

書き込み速度は4ⅹになってますが、任意の書き込み速度に変更することが可能です。(1ⅹ~16ⅹ)

あまり書き込み速度を上げるとエラーの原因になるのでほどほどに。

プロジェクト設定が済んだら適用をクリック。

そして右上のタイトル追加をクリックすると、ダウンロードした曲の一覧が表示されるので、silent jealousyをクリックすると一覧に追加されます。

タイトル追加→曲を選択を繰り返し、お気に入りの曲をどんどん追加してきます。

あまり曲を詰め込みすぎると画質が悪くなるので、僕は3時間ぐらいを目安にしています。

カーナビの小さな画面なので、少々画質を落としてもそんなに気にはなりません。

今回は43曲追加で、時間にして3時間20分ぐらいになりました。

まぁ今までの経験からいって、これぐらいなら何とか許せるレベルだと思います。

追加する曲を選択し終わったら、上の項目のDVD作成をクリックします。

すると警告がでてきてちょっとビビりますが、そのまま[ はい ]をクリックします。

 

プロジェクトはエンコード終了後に・・・・と表示されるので、パソコンのドライブに何も録画されていないDVDを挿入して[ OK ]をクリックします。

するとエンコードというDVDを焼く作業をパソコンが勝手にしてくれるので、あとはそのままほったらかしで大丈夫です。

今回は5時間半ぐらいかかりました。

無事にDVDに焼くことができたら、勝手にドライブが開いてDVDがでてきます。

さっそく車のカーナビにDVDを挿入し、車を走行しながら確認してみると・・・

ちゃんと映像が映っています。

このカーナビはホンダ純正で、配線加工はしていません!

なので普通のDVDは走行中は映像は映りません。

でもパソコンで焼いたDVDなら走行中でも大丈夫です。

まとめ

普通に録画したテレビ番組やレンタルDVDは、カーナビで見ようとすると走行中は音声だけになりますが、パソコンで焼いたDVDは走行中でも普通に見ることができます。

このことに気づいたのは偶然なんですが、たまたま嫁さんのモビリオで、映像は見れなくても音声だけでもカーナビで聴きたいと思い、DVDを挿入したらこのことに気づきました。

やっぱり音声だけよりも映像があった方がいいです!

でも運転中は危ないので、ドライバーは気を付けるように!

あと使用するDVDはソニーがお勧めです。

訳の分からんメーカー品だとエラーが起きやすいです。

今まで何度も試しましたが、ソニー以外は何ヶ月かするとダメになりました。

真夏の車内に置きっぱなしだったからかもしれん・・・

またすべてのカーナビがうまくいくとは限らないので、そこは自己責任でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました